診療時間 Web予約 アクセス

腰椎椎間板ヘルニア

症状

腰やお尻、脚の痛みやしびれを生じます。

腰の骨は5つあり、骨と骨の間に椎間板という軟骨が存在します。その一部が飛び出して神経に触ることによって腰や脚の痛みが生じます。痛みの強さは人によって異なります。正確にはヘルニアと神経の位置関係や神経周囲の炎症によって異なるといわれています。

神経の麻痺症状が生じることもあります。脚の痛み、しびれの部位に感覚の鈍さや動きの悪さが出ることもあります。

治療法

まずは保存的治療(手術をしない治療法)を行います。

内服、外用薬、注射などで神経の周りの炎症をおさえます。物理療法や脚の動きをよくするための理学療法(リハビリテーション)を行います。

脚の痛みが強く、保存的治療で改善しない場合、日常生活に支障をきたす場合、神経麻痺が悪化した場合、手術を検討します。

ヘルニアのタイプにより椎間板を溶かす治療もあります。

日本整形外科学会ホームページより画像を引用しております。